チェストパス/ミニバスの練習法やルール(コピー)

チェストパス/ミニバスの練習法やルール

チェストパス/ミニバスの練習法やルール

すばやく出せるチェストパスは、すべてのパスの基本形

 

<メリットは小さな動きですぐ出せること>

 

次に、パスを出す技術を見ていきましょう。
まずは、チェストパスから覚えます。
”チェスト”とは胸という意味であり
胸からボールを出すパスのことで、これがすべてのパスの基本となります。

 

小さな動きですばやく直線的なボールを出せることがメリットです。
もし、相手が正面にいない場合にパスを出したいときは
必ずパス技術を使うようにしましょう。

 

チェストパスの手の動きは、この先紹介するほかのいろいろなパス技術でも使いますし
シュート(ツーハンドシュート)もチェストパスと同じ動きを行うので
たくさん練習すれば、自然とほかのパスやシュートも上達するはずです。

 

ねらった場所へ正確に届かせるように練習にはげみましょう。

 

チェストパス

 

@まずは1歩踏み出します。踏み込んだ足にしっかりと体重を乗せてください

 

A踏み込んだときの力を、だんだんとカラダの上のほうへと移していきます

 

Bそして両手を伸ばしていき・・・

 

C左右両方の手に同じように力を入れ、手首のスナップを効かせて押し出します

 

 

反動をつけない

 

ボールを投げるときにいったん腕を下げ、反動をつけて投げる人が目立ちます。
しかし、きちんとカラダの力を使えば、
腕を下げなくても、反動以上の力を出せます。

 

一度腕を下げてパスを出すクセのある人は、
早めに練習で直すようにしましょう。

 

チェストパスは、トリプルスレッドから最短距離で投げてこそ”すばやく出せる”
というメリットが活きてきます。

 

反動をつけて投げるクセのある選手には、
周囲がそのことを教えてあげましょう。
自分では気づかず無意識で反動をつけていることがあるのです。

 

使いどころ

 

邪魔されなかったら必ずチェストパス

 

パスを出したい味方と自分との間に敵がいなければ、必ずチェストパスを使ってください。
すべてのパス技術の中で、もっとも確実にすばやく投げられるパスです。

 

>>>パスの基本

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール,チェストパス

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール,チェストパス

 

スポンサーリンク