ミニバス 練習法

ミニバスで最初に覚えることB/ミニバスの練習法やルール

ミニバスで最初に覚えることB「ピボット」

バスケットに特徴的な方向転換テクニック、ピボット

 

ピボットとは

 

バスケットでは、ボールを持ったまま3歩以上歩くと
トラベリングをとられます。
しかし、右足→左足と歩いた場合、最初についた右足がコートから離れなければ
左足は何度踏み替えても反則にはなりません。
これを利用した、片方の足を軸にクルクルと方向を変える技がピボットです。

 

ピボットによる方向転換は、カラダの向きを変えることで相手からボールを守る、
足をしっかり踏み替えることでカラダの動きを安定させ、力強い動きが可能になるなど
バスケットにおいて重要な意味を持ちます。

 

美しいプレーをするためには絶対にうまくなる必要がある技術といえます。

 

しかしそれだけ重要な技術であるにもかかわらず、ピボットをうまく使いこなす人は
本当にわずかです。しかし、みんながうまくできていないということは大きなチャンスです。

 

これ読んだ人は。”ピボットをしっかりと行う意識”をもち、ここに書いてあるポイントを
忘れずに練習しましょう。
そうすれば、ミニバスを続けていくうえで、大きな武器を手に入れることができるはずです。

 

ピボットの種類

 

フロントターン

踏み替える足をカラダの前に出して回るターンです。
足の動かし方、カラダのバランスのとり方を覚えるために
まずはこのターンを練習してみましょう。

 

ボールを受け取ったら、片方のつま先を軸にしてクルッと回ります。

 

リバースターン

踏み替える足をカラダのうしろに引きながら回るターンです。
フロントターンに比べてバランスがくずれやすいので
注意が必要です。
ゴール下で相手との距離が離れているときに使います。

 

フロントターンと同様に、片方のつま先を軸にして

今度はうしろに回ります。

 

すばやいピボットのコツ

 

すばやく回ることがピボットでは大切になってきます。
それには、足の運び方が重要です。

 

ピボットのときの足の運びは、踏み出す足をいったん軸足に
近づけてから、行きたい方向に出すと、カラダのバランスが
くずれにくくなります。
自分のカラダが小さなコマのようにクルッとすばやく回ります。

 

また、すばやいピボットの練習のコツは、足といっしょにボールや顔も
踏み出す方向にすばやく向けることです。
すると、自然にカラダがその方向についていきます。

 

・足より先に、顔とボールを踏み出す方向に向けます
・回りながら、軸足に近づけてから踏み出します
・軸足、つま先で回転します

 

ストップからピボットの動作をすばやく

 

すばやく止まって、すばやく動くことができるようにするには
ストップとピボットの2つの組み合わせを練習をします。

 

だれもができる、止まる、走るという動作は、ほとんどの人が意識していません。
ドリブルやシュートなどボールを扱うテクニックがうまい選手でも
”すばやく止まって、すばやく動く”ということを真剣に
気にしていないでのす。

 

ボールを扱うテクニックは、ボールハンドリングや練習で
少しずつ上達しますが、それに加えて、いつも”すばやく止まって、すばやく動く”
ことを頭において練習を行うと、ボールの扱いが慣れてくるころには
確実にあなたが一番速い選手になれるでしょう。

 

>>>オフェンス

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケットボール,ミニバス,練習法

ミニバスケットボール,ミニバス,練習法

 

スポンサーリンク