ミニバス 練習法 ルール

パスの基本/ミニバスの練習法やルール

パスの基本/ミニバスの練習法やルール

シュートを決めることがとにかく一番楽しいのは
ミニバスを始めてすぐのころだと思います。
しかし、続けているうちに、シュートが入ることだけでなく
パスが決まることの楽しさや喜びも理解できるようになります。

 

まず、パスはノーマークの味方を探すことから始まります。

 

相手のレベルが高いと、自分にも厳しいマークがついていて
さらに味方もなかなかノーマークになれません。

 

こんな状況の中で、味方がノーマークになった一瞬を見逃さずにパスを送る。

 

味方が走りやすい場所、もっとも簡単にシュートができる場所へパスを通すために、
味方の数秒先の動きを予測して、バウンドパスにするか
浮かせたパスにするかなどを一瞬で判断し、正しいパス技術を選択して出すのが理想です。

 

たった1本のパスを送るだけでも、
”ノーマークの味方を探し、その味方が取りやすい場所に、取りやすい強さで投げる。
敵にカットされず、なおかつ、味方にとっては取りやすいパス技術を使う”
というこれだけのことを考えて行う必要があります。

 

「大変だ!」と感じるでしょうが、だからこそ、これらがすべて決まって
キレイなパスが通ったときは、何ものにも代えられない気持ちよさを感じることができるのです。

 

>>>パスの技術を上達させるには?

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

 

スポンサーリンク