ミニバス 練習法 ルール

パスの技術を上達させるには?/ミニバスの練習法やルール

パスの技術を上達させるには?/ミニバスの練習法やルール

味方がノーマークになるのは一瞬のことですが、その一瞬の中に
さらに”もらってうれしい一瞬”があるのです。

 

サイドラインからゴールまでなら5歩もあればたどりついてしまうほど、
ミニバスのコートはあまり広くありません。

 

そのうちの2歩を相手を振り切るために使うとすると、残りの2歩をレイアップシュートの
ために使うので、そのために最高のパスを送るにはたった1歩分の時間しか与えられないのです。

 

このような一瞬の間を逃さずに「スパン!」と味方に取りやすいパスを送る。
これはまさに芸術といえます。
パスは”間(ま)の芸術”とも呼ばれてるのです。

 

こんな芸術的なパスを出すには、技術の他に、タイミングを逃さない”センス”も重要です。
ここでいうセンスとは、先天的な才能という意味ではありません。

 

大学生や社会人の年齢になってからパスセンスを向上させるのは難しいことですが、
感性が上がっていく一方のミニバス時代はセンスを大幅に伸ばせるのです。

 

これをすればセンスが伸ばせるといった特別な練習法はありませんが
つねに”味方を思いやる気持ち”を持っていれば
味方が「今欲しい!」と思う瞬間がわかってきます。
あとはそれに合わせてカラダを動かすだけです。

 

「あの人はどのパスを出せば取りやすいか、どのタイミングだったら取りやすいか」
「右サイドの味方、左サイドの味方、今、どっちがチャンスを生みやすい状態にいるか」

 

練習中はそういうことを常に考えながら、味方に合わせたパスを出すようにしてください。
そうすれば、パスセンスも自然にみがかれて、レベルアップしていくでしょう。

 

>>>パスキャッチ

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

 

スポンサーリンク