ミニバス 練習法 ルール

パスキャッチ/ミニバスの練習法やルール

パスキャッチ/ミニバスの練習法やルール

パスを出す前に受ける技術を練習する

 

パスを出す技術の前に、パスの受け取り方を覚えましょう。
パスキャッチができなければ、当然パスやその他のプレーはできません。

 

ミニバス用のボールは、ほかの球技と違ってボールが大きく、重いので
正しいパスキャッチを練習しておかないと、突き指の原因になったり
向かってくるボールをつい避けてしまったり、キャッチの瞬間に顔を背けたりしてしまいます。

 

そんな状態では、楽しくプレーできません。
まずはパスキャッチの練習を積んで、ボールの大きさと飛んでくるボールに慣れましょう。

 

最初のパスキャッチ

 

突き指しないように、手のひらをボールに向けましょう。
最初はキャッチできなくてもかまいません。

 

・ヒジを軽く曲げておけば、ボールが手のひらに当たっても痛くありません。
最初はこの格好で何度もパス交換をして、向かってくるボールが
怖くないことを覚えてください

 

・手のひらにあたる瞬間までボールを見ることができるようになれば
キャッチするのも簡単なります

 

正しいパスキャッチ

 

・手の中にボールが入ったら、ボールの勢いをやわらげるように
手をスーッと胸元に持っていきましょう

 

>>>パスキャッチA

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

 

スポンサーリンク