ミニバス 練習法 ルール

パスキャッチの直前直後=ミートを覚える/ミニバスの練習法やルール

パスキャッチの直前直後=ミートを覚える/ミニバスの練習法やルール

パスキャッチができたら、次は”キャッチしたあと”が重要です。
パスをキャッチしたらその直後に”トリプルスレット”という体勢を作ってください。

 

この体勢は、パス、ドリブル、シュート、どのプレーにもすばやく対応できるのです。

 

最初はゆっくりでもいいので、
練習中は「パスをもらったらトリプルスレット」というクセをつけるようにしましょう。

 

これを完璧にしておくと、そのうちパスをもらった瞬間に自然とトリプルスレットの形をとれるようになります。

 

パスをもらう=トリプルスレットの形をとる。

 

これは本当に大切なことです。
この体勢を作っておくと、ボールをもらった瞬間の状況や
相手の出方によって、どんな対応もできます。

 

パスキャッチで紹介した、
”1歩前に出てキャッチすること””ボールをキャッチしてトリプルスレットの形をとること”
をまとめて”ミート”と呼びます。

 

トリプルスレットの体勢

 

・ボールの高さは胸あたりで、引いた足の方向に持っていく
・カラダは左右どちらにも傾かないように注意
・足は片方を軽く引き、重心はカラダの真下。
 パスをもらったら自然とこの形になるように練習しておきましょう
・顔は前を向く。ボールをもらった直後はゴールに目線を送るとなお良い
・すぐに動きだせるように、ひざを軽く曲げる

 

 

トリプルスレットから各動作へ

 

トリプルスレットからパス、ドリブル、シュートを行ってみましょう。
トリプルスレットの状態からスッと足を出して体重を乗せ、パスやドリブル。
また、トリプルスレットの高さからボールの位置を下げずにそのままシュート
というようにスムーズに行えることが大事です。

 

どの動きをするにしても、”最短距離で行う”ことを意識してください。

 

@キャッチしてトリプルスレット
Aボールを下げる
Bパスやシュート、ドリブル

 

のように、トリプルスレットの高さからいったんボールを下げて反動をつけてから
次の動作を行う人が多くいます。「イチ、ニ、サン」のリズムになっていて余分な動きが入っています。
これがクセになってしまうと、直すのが大変です。

 

どんな動きをるすときでも

 

@キャッチしてトリプルスレット
Aパスやシュート、ドリブル

 

と「イチ、二」のリズムで行うようにしましょう。

 

シュートは”もらって、打つ”のリズムです。最初は「イチ、二」と数えながら練習するのもいいでしょう

 

中学、高校のバスケット指導者の意見

 

ミニバス経験者でも、トリプルスレットができずに”ボールを持ったらまずドリブルする”
クセのある選手はたくさんいます。

 

”ドリブルしながら次の展開を考える”リズムになっているのですが
そのリズムでは遅すぎます。

 

次どうするかを考える時間は、
ボールをもらう前にすでにもっておかなければなりません。

 

クセがついていると、頭では「ボールをもらった瞬間にパスしよう」と考えていても
”ボールをもらったらまずドリブル”というカラダのリズムに邪魔されて
パスミスしてしまうことも多くみられます。

 

一度身についてしまったリズムを組みかえるのはとても難しいことです。
事実、中学や高校でバスケットを指導している方の多くはこの点で悩んでいます。

 

ミニバスでは楽しくプレーすることも大事ですが、
ミート、ピボット、ストップといった
バスケットをするうえで基本となる重要部分はあいまいではなく
”しっかりと”指導しておきましょう。

 

ミニバスをやっている多くの子どもたちが中学に入ってもバスケットを続けるのですから
これは将来の選手のためにもなるのです。

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

 

スポンサーリンク