パスキャッチA/ミニバス 練習法 ルール

パスキャッチA/ミニバスの練習法やルール

パスキャッチA/ミニバスの練習法やルール

慣れてきたら、前に進みながらパスキャッチ

 

普通のキャッチができるようになったら、今度は向かってくるボールに対して
1歩進みながらのキャッチを練習しましょう。

 

・パスカットされにくい
・チャンスが作りやすい

 

この2点の理由から、基本的にボールは1歩進んでもらいます。
(インサイドという台形のラインあたりでもらうときは例外)

 

バスカットされにくいというのは、簡単に分かると思いますが
試合では当然、相手も自分を真剣にマークしています。

 

相手は、パスカットのチャンスをうかがっているので
「カットできる」と思ったら、手を伸ばしてボールに触れようとしてきます。

 

そのときに、1歩進んでもらおうとすると、相手のカラダよりも前にでることになって
カットされる可能性が低くなります。

 

チャンスが作りやすいというのは、”シュートを打ちやすい状況を生み出す”ということです。

 

もし、自分が1歩前に出てボールをキャッチしたときに相手ディフェンスが動かなければ?
自分はフリーになるわけですから、シュートも簡単に打てるようになります。

 

また、相手が自分の動きについてきたとしても、今まで自分がいた位置には
空きができるので、そこに味方がディフェンスを振り切って入り、
その人にパスを出せば、シュートチャンスにつながります。

 

つまり、チャンスは動くことで作られるのです。

 

ミニバスでは、動かないことには何も始まりません。
そのことをしっかり頭に入れて、練習のときからパスは必ず動きながらもらう習慣をつけましょう。

 

ミニバスの重要テクニックの1つが、”パスを動きながらもらう”ことです。
練習のときも必ず動きながらもらうようにして、早いうちからクセをつけておきましょう。

 

また、パスを出した人も動くようにしましょう。
動けばその分だけチャンスが広がる――ミニバスは、そういうスポーツです。

 

>>>パスキャッチB

当サイト管理人オススメのバスケットボール上達DVDランキング

『バスケットボール上達革命』

性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく、効果が出る練習法です。

ミニバスから中学生、指導者まで対応

キャンペーン価格

180日間全額返金保証付き

bjリーグアカデミー校長の東英樹さんによるバスケットボール上達のためのDVD教材です。bjリーグにはスクールというものがあり、そこでは、将来、バスケットボール選手を夢見る子どもたちががんばっています。そんな子どもたちのバスケットボールの技術を大きく成長させているスクールの指導方法を校長の東さん自らがDVDにまとめ上げたものです。bjリーグアカデミー校長 東英樹さんがこれまで40年間以上現場でバスケットボールに関わり、スクールで指導してきた経験から『ミニバスの選手から中学生、指導者まで、実践すれば総合的に結果が出る内容です。

バスケットボール上達練習法教材

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

『NBA解説者 中原 雄のバスケットボール上達練習法』

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、
分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、
どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材

バスケットボール上達練習法教材
『NBA解説者 中原 雄の中学生に教えるバスケットボール鉄板技』

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい!
と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール

※このランキングはインターネット情報コンテンツ販売会社の最大手、株式会社ファーストペンギンにおける直近3ヶ月の購入率を元にした人気ランキングです。

スポンサーリンク