アンダーパス/ミニバスの練習法やルール

アンダーパス/ミニバスの練習法やルール

アンダーパス/ミニバスの練習法やルール

アンダーパスは投げるのではなく送り出す

 

<指先を上手くコントロールしてスッと差し出すように>

 

野球のアンダースローのように下から出すバス技術がアンダーパスです。
ただし、”投げる”のではなく”送り出す”ようにパスをするという点で
野球とはまったく異なります。

 

ディフェンスの横に大きく足を踏み出してカラダを並べ
そこから前かがみの体勢になっても出せるため、さまざまな状況で使うこうとができます。
相手の胸元にしっかりとしたパスをするために
指先でボールをコントロールしましょう。

 

アンダーパス

 

ボールをしっかりと支えて、腕を前に伸ばしていきます

 

ボールを送り出すときは、手を伸ばした勢いと手首の返しを利用する

 

※足を踏み出して、カラダも前かがみにします

 

下からのパスでも、山なりはNG

 

アンダーパスの軌道は、山なりではなく直線ですが
今まで紹介してきたほかのパス技術と違って
下から投げるというユニークな投げ方であるため
パスの軌道が山なりになりやすいという注意点があります。

 

山なりのパスでは、味方に届くまでに時間がかかり
カットされる危険が多くなります。

 

下から相手の胸元までまっすぐ届くように
しっかりとした練習が必要です。

 

使いどころ

 

※カラダで相手をガードしながら出せる

 

カラダが前に傾いた状態でも出せるパスが、アンダーパスです。
ディフェンスが自分に接近しすぎたときに、おもいきって1歩足を前に出して
カラダを相手の横にもってきてしまえば
カラダでボールを守りながらパスを出すことができます。

 

また、目の前の味方に出すときには、手渡しする感じでスッと差し出すようにパスをしましょう。

 

>>>チェストパス

当サイト管理人オススメのバスケットボールの練習法を解説したDVD

ミニバスレベルで、基礎から練習したいのならこちら!

このDVDは、よくある「こういう動きをすれば良い」というような、動きの「お手本」を示しただけのDVDではなく、 分かりやすく、そういう動きができるようになるためには、 どういう練習をすれば良いのか?という具体的「練習法」を示してくれている、数少ないバスケのDVD教材です。

バスケットボール上達練習法教材


バスケットボール上達練習法教材

中学生になったらこちら!

ミニバスのお子さんには少しレベルが高いですが、6年生くらいで、中学に入ってもバスケを続けたい! と、お子さんがおっしゃっているのであれば、参考になると思いますよ^^

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール,アンダーパス

ミニバスケット,ミニバス,練習法,ルール,アンダーパス

 

スポンサーリンク